「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

公開日: 更新日:

 上白石萌音(21)と佐藤健(30)がW主演の連ドラ「恋はつづくよどこまでも」(TBS=火曜夜10時)が、先週14日からスタート。視聴率9・9%と、2ケタに迫る好発進だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 上白石演じる猪突猛進型のヒロインが、佐藤演じる医師に一目惚れし、数年後、ナースとなって彼の病院に勤務するという始まり。クールでドSな“魔王”佐藤に、なりふり構わずアタックする“勇者”上白石の奮闘が描かれる。

 舞台が病院というだけで、ジャンルとしてはラブコメディーだ。

「昨年10月期の『モトカレマニア』(フジテレビ)が平均4%台と惨敗したように、ラブコメは、最近の地上波GP帯では数字が取りにくい。そんな中で2ケタに迫る数字とは、正直、予想以上でしたね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る