「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

公開日: 更新日:

 上白石萌音(21)と佐藤健(30)がW主演の連ドラ「恋はつづくよどこまでも」(TBS=火曜夜10時)が、先週14日からスタート。視聴率9・9%と、2ケタに迫る好発進だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 上白石演じる猪突猛進型のヒロインが、佐藤演じる医師に一目惚れし、数年後、ナースとなって彼の病院に勤務するという始まり。クールでドSな“魔王”佐藤に、なりふり構わずアタックする“勇者”上白石の奮闘が描かれる。

 舞台が病院というだけで、ジャンルとしてはラブコメディーだ。

「昨年10月期の『モトカレマニア』(フジテレビ)が平均4%台と惨敗したように、ラブコメは、最近の地上波GP帯では数字が取りにくい。そんな中で2ケタに迫る数字とは、正直、予想以上でしたね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る