香川照之はコメディアンとしても一流…主役食いの“原動力”

公開日: 更新日:

〈この香川照之、なんか新鮮〉

 ネット上にはそんな感想も書き込まれていた。1月6日にテレビ東京が放送した新春ドラマスペシャル「最後のオンナ」。藤山直美(61)のテレ東ドラマ初主演となるホームコメディーで、ほかに岸部一徳、深津絵里、岸本佳代子、千葉雄大らが出演と、なかなかの豪華キャストだった。

 中でも、香川照之(54)の演技が〈新鮮〉と話題になったのだ。岸部の役柄は老舗のおかき屋の社長。そのひとり娘が深津で、香川は深津の夫で入り婿の大介を演じた。

 香川といえば、ドラマ「半沢直樹」をはじめ、ひと筋縄ではいかないクセのある役の印象が強いが、大介は妻の顔色ばかりをうかがう、ちょっと気弱な男だ。

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る