香川照之はコメディアンとしても一流…主役食いの“原動力”

公開日: 更新日:

〈この香川照之、なんか新鮮〉

 ネット上にはそんな感想も書き込まれていた。1月6日にテレビ東京が放送した新春ドラマスペシャル「最後のオンナ」。藤山直美(61)のテレ東ドラマ初主演となるホームコメディーで、ほかに岸部一徳、深津絵里、岸本佳代子、千葉雄大らが出演と、なかなかの豪華キャストだった。

 中でも、香川照之(54)の演技が〈新鮮〉と話題になったのだ。岸部の役柄は老舗のおかき屋の社長。そのひとり娘が深津で、香川は深津の夫で入り婿の大介を演じた。

 香川といえば、ドラマ「半沢直樹」をはじめ、ひと筋縄ではいかないクセのある役の印象が強いが、大介は妻の顔色ばかりをうかがう、ちょっと気弱な男だ。

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る