嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

公開日: 更新日:

 単なる話題作りかと思ったら違った。ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」が4日に公式インスタグラムで公開した10秒ほどのカウントアップ動画。ライブ中に沸き起こる「嵐コール」が流れる中、真っ黒の画面に白い数字で示された1~256の数字がカウントされ、「Februar 2020」でピタリ止まる例のアレだ。

 数字の説明などが一切ないため、ファンの間では動画をめぐって様々な解釈がネット上で飛び交い、話題となっていたが、5日、数字の意味が公表された。2001年1月にリリースされ、現在は廃盤の1stアルバム「ARASHI No.1~嵐は嵐を呼ぶ~」から、17年10月発売の「『untitled』」までの全16タイトル・256曲(ベストアルバムとサウンドトラックを除く)を7日から順次デジタル配信するというのだ。

 嵐ファンはさぞ大喜びかと思いきや、なぜか、かつてのような大きな盛り上がりはみられない。一体、どうしたのか。

「嵐ファンは今、急激にファン離れが進んでいるのです。ツイッター上でも、かつては『SNSの開設なんて最高』と大喜びしていたファンが、嵐ファンをやめる意味を表す『担降り』『巣立ち』などと書き込み、嵐関連のツイッターのフォローをどんどん外している。それどころか、最近は『愚痴垢』といって嵐メンバーに対する"悪口"らしき書き込みもツイッター上で目立つようになったほか、『もういいわ、関心がなくなったわ』という投稿もある。『256動画』の狙いは、"謎のメッセージ"で注目を集め、あらためて嵐の活動に興味を持ってほしいという思いが込められていたのかもしれません」(芸能記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント