杏樹不倫騒動「相棒」に飛び火も…テレ朝と東映が真っ青

公開日: 更新日:

 発売中の「週刊文春」が報じた鈴木杏樹(50)と俳優・喜多村緑郎(51)の不倫疑惑。当初は休憩約4000円の“ラブホ不倫”に対し、「芸能人らしからぬ庶民的な逢瀬で思わず笑ってしまった」(芸能界に詳しいライターの松庭直氏)と寛容な声が多かった。

「もともと、芸能人の不倫や浮気に本気で怒っている人は少ないと思います。多くの人は自分の生活に追われて忙しいですからね。今回は50歳を過ぎた中年同士の不倫ですし、お相手の喜多村さんが、さほど有名ではない。半年もすれば、みんなどうでもよくなるでしょう」(芸能評論家の佐々木博之氏)

 ただ、6日にそれぞれが謝罪コメントを出したあたりから少しずつ雲行きが怪しくなりだした。鈴木が「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と喜多村との経緯について説明したためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る