杏樹不倫騒動「相棒」に飛び火も…テレ朝と東映が真っ青

公開日: 更新日:

 発売中の「週刊文春」が報じた鈴木杏樹(50)と俳優・喜多村緑郎(51)の不倫疑惑。当初は休憩約4000円の“ラブホ不倫”に対し、「芸能人らしからぬ庶民的な逢瀬で思わず笑ってしまった」(芸能界に詳しいライターの松庭直氏)と寛容な声が多かった。

「もともと、芸能人の不倫や浮気に本気で怒っている人は少ないと思います。多くの人は自分の生活に追われて忙しいですからね。今回は50歳を過ぎた中年同士の不倫ですし、お相手の喜多村さんが、さほど有名ではない。半年もすれば、みんなどうでもよくなるでしょう」(芸能評論家の佐々木博之氏)

 ただ、6日にそれぞれが謝罪コメントを出したあたりから少しずつ雲行きが怪しくなりだした。鈴木が「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と喜多村との経緯について説明したためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る