大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

追悼・松田政男さん 求められる“日付のある映画評”とは

公開日: 更新日:

 映画評論家の松田政男さんが、3月17日に亡くなった。享年87。筆者が、もっとも影響を受けた映画評論家のひとりだ。それは反権力を貫いた執筆活動が、学生運動が活発化した政治の季節のただ中で鋭利な刃のような輝きを放っていたからに他ならない。1960年代後半から70年代にかけてのことだ。

 筆者は学生運動に間に合わなかったシラケ世代なので、70年代前半から彼の評論、書物を読み出したクチだ。反権力とは国家に対するものだけではない。五社(四社)体制の映画界、映画論壇(まだ残っていたのだ)など、いわば映画の既成勢力にも批判の刃は向かった。その文脈で大島渚、若松孝二、鈴木清順監督らを積極的に評価した。

 実は日刊ゲンダイで松田さんについて書くことがとても重要との認識がある。彼が1976年9月2日から長年にわたり映画評を連載していたからである。その初期の文章をまとめた著作「日付のある映画論 松田政男のシネ・ダイアリー」のあとがきにこう記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る