大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

終戦75年の節目に朗報 戦時下描くNHK「太陽の子」に期待を

公開日: 更新日:

 気になって仕方なかった。今年は終戦から75年が経つ。その節目の年に合わせた戦争映画が、邦画大手になかったからだ。なぜか。戦争映画に対する製作者や監督たちの熱意が下がっているのではないか。加えて、今ではぐらついているが、夏に東京オリンピック・パラリンピックも予定されている。興行的に不利になりかねない。そんなところだろうか。

 それが突然現れた。NHKが米国の会社と共同制作する「太陽の子」だ。ドラマと映画が作られる。太平洋戦争末期、海軍から新型爆弾の開発を命じられた大学の研究者の話だという。日本は被爆国だが、原子爆弾の開発を戦時中に行っていたことは知られている。そこに焦点を当てる。柳楽優弥三浦春馬有村架純らが主要な役を担う。

 中身を聞けば、伝統的に映画会社が作ってきた戦争映画の大作とは違うのがわかる。ただ大作ではなくても、映画版では重要な問題提起とともに、より広い客層の人たちを視野に入れたスケール感をもつ作品が望ましい。脇を固めるベテラン勢にも重厚さが欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る