大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

「ドラえもん」公開延期…コロナ禍で先の見えない厳しい春

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大は、映画界にも広く影響を及ぼしている。公開作品の上映延期と映画館の臨時休館、プロモーション絡みのイベントや試写会などの延期、休止である。具体的な上映延期作品は、先週に「映画ドラえもん のび太の新恐竜」、今週に入ってディズニーの「2分の1の魔法」と「ムーラン」が決まった。

 影響の潮目が変わったのは、2月25日から27日にかけて、イベントなどの自粛、小中高の休校要請をした首相発言からである。小学校が休校になるのだから、「ドラえもん」など子どもたちが観客のメインを占める春興行作品の上映が難しくなった。映画の延期や映画館の休館の流れは、今後も続くかもしれない。

 映画界は今、戦々恐々としている。年配者の足が徐々に映画館から遠のき、春興行の中軸をなす作品も、この時期に公開されないからだ。さらに3月2日、政府の専門家会議が10代から30代の若者にライブハウスなどへの出入りを控えることを求めた。その範囲が映画館に及んでもおかしくない状況ができた。

 すでに小中高の若者を入場制限するシネコンも出ている。これは、先の休校の措置と連動している。おそらく、その世代の若い人だけの話ではなくなるのではないか。映画館に来てもらいたいが、その場で感染を拡大させてはならない。両者のはざまで、気持ちがかき乱されている筆者である。

 この3月から4月にかけて、映画界はかつてない厳しい事態を迎えることだろう。もちろん、これは映画だけの話ではない。観客の方々には安全、安心な状態で映画を見に来ていただきたい。その日が、とにかく早く来てくれ。筆者はこれからもマスクをつけて映画館に行き、行方を見守るつもりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず