大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

「ドラえもん」公開延期…コロナ禍で先の見えない厳しい春

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大は、映画界にも広く影響を及ぼしている。公開作品の上映延期と映画館の臨時休館、プロモーション絡みのイベントや試写会などの延期、休止である。具体的な上映延期作品は、先週に「映画ドラえもん のび太の新恐竜」、今週に入ってディズニーの「2分の1の魔法」と「ムーラン」が決まった。

 影響の潮目が変わったのは、2月25日から27日にかけて、イベントなどの自粛、小中高の休校要請をした首相発言からである。小学校が休校になるのだから、「ドラえもん」など子どもたちが観客のメインを占める春興行作品の上映が難しくなった。映画の延期や映画館の休館の流れは、今後も続くかもしれない。

 映画界は今、戦々恐々としている。年配者の足が徐々に映画館から遠のき、春興行の中軸をなす作品も、この時期に公開されないからだ。さらに3月2日、政府の専門家会議が10代から30代の若者にライブハウスなどへの出入りを控えることを求めた。その範囲が映画館に及んでもおかしくない状況ができた。

 すでに小中高の若者を入場制限するシネコンも出ている。これは、先の休校の措置と連動している。おそらく、その世代の若い人だけの話ではなくなるのではないか。映画館に来てもらいたいが、その場で感染を拡大させてはならない。両者のはざまで、気持ちがかき乱されている筆者である。

 この3月から4月にかけて、映画界はかつてない厳しい事態を迎えることだろう。もちろん、これは映画だけの話ではない。観客の方々には安全、安心な状態で映画を見に来ていただきたい。その日が、とにかく早く来てくれ。筆者はこれからもマスクをつけて映画館に行き、行方を見守るつもりである。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う