ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

悩ましい都知事選“女帝”に対抗できる勢力が割れてしまい…

公開日: 更新日:

 都知事選真っただ中である。東京以外の方にはあまり関係ないかもしれないが、オリンピックなどにも影響してくるとなれば、まんざら他人事でもないだろう。

 普通に普通にごく普通に考えて、小池氏のこの4年間の成果のなさ、公約が何一つ実現されていないことや、築地を「食のテーマパーク」にする話も雲散霧消したこと。オリンピックが延期されると決まるその日まで「コロナ」のコの字も発言していなかったくせに、急に毎日テレビに出てきて緊急事態をあおり、意味のわからぬ東京アラートを発令し、揚げ句に突然解除した途端、感染者数が増えていること。そして極め付きは「女帝 小池百合子」を読めば、もう絶対に再選はないと思うのだが、都民の大半はそうでもないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る