二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

公開日: 更新日:

 4月3日、俳優の志賀勝さんが亡くなった(享年78)。東映専属俳優として時代劇からヤクザ映画まで長年にわたり脇役俳優として活躍した。死亡記事も脇役らしく小さく載っただけだったが、京都で過ごした人生は型破りだった。

 志賀さんと最後に会ったのは6年ほど前のこと。久しぶりに近況を聞こうと京都に出向いた。体調が悪いこともあり、「昼間でいいか」と言ってきた。京都市内のホテルのラウンジで待ち合わせ。強面の顔が入って来た。剃り込んだ眉とトレードマークの薄茶のサングラスは変わらないが、片手には杖。脇には奥さんが体を支えるように付き添っていた。脳梗塞・拡張型心筋症などで何度となく入退院を繰り返し、体はボロボロの状態だった。

 奥さんがコーヒーを頼むのを制するように、「久しぶりに会ったのに、コーヒーは失礼や。ビールでも飲もうや」とビールを注文。奥さんいわく「私が付いてきたのは体を支えることよりも、どこかに飲みに行く心配があったから」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  6. 6

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る