二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

横山やすしは謹慎中も絶好調!朝からずっと酒を飲み続けた

公開日: 更新日:

 長男の一八は少年院。父の横山やすしは自宅謹慎中のなか、私は取材を兼ねて大阪の自宅を訪ねていた。意に反して朝から喫茶店でビールを飲み終えると、タクシーで連れて行かれたのが梅田界隈にある居酒屋だった。

 やっさん馴染みの店もランチタイムの最中。通された奥の個室に入ると聞きつけたのか、それとも呼び出されたのか、続々とボート仲間らが駆け付ける。昼から酒盛りが始まった。昼飲みは大阪では珍しくない。

■「オマエも飲んでるか」

 本来、一八からの手紙や出所日を聞き出すのが目的だったのが、早々に私は蚊帳の外。盛り上がる仲間との話を聞いているしかない。時折、「オマエも飲んでるか」と声はかけてくれる。すでにご機嫌。やっさんとの飲み方を多少は心得ている私は長丁場を覚悟。少しずつ飲む量を減らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る