二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

公開日: 更新日:

 映画やドラマでは脇役でも、こと不倫に関しては堂々の主役を張ったのが火野正平だった。現在71歳になる火野はNHK―BSで自転車に乗って気ままに旅をする番組に出演中。「人のいい気さくなおじさん」で人気を博し、「この人が昔、そんなに不倫していたの」と想像もつかないが、不倫は火野の代名詞だった。

 火野は渡部建のように自分から積極的に女性を口説くタイプではなく、女性から寄ってきたというほうが正しい。

 火野の不倫が最初に大々的に報じられた相手は女優・小鹿みきだった。火野の正妻は大阪で2人の子供と暮らす中、小鹿と港区のマンションで同棲生活を送っていた。

 私は火野と交流の深かった先輩記者の補佐としていつも同行していた。ある日、取材の約束をしていた家の近くの喫茶店に出かけた。先に来ていた火野と小鹿の様子が違う。深刻に話をしている。中に入れる雰囲気ではなく、近くの席で待った。じきに話は終わると思ったのだが、2人の話はエスカレート。次第に声が大きくなり喧嘩になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る