二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

公開日: 更新日:

「好感度」が頼りのテレビタレント。不倫スキャンダル発覚は好感度を失い謹慎生活を余儀なくされ、仕事まで失う。アンジャッシュの渡部建のように「いい人ね」の虚像イメージをつくり過ぎて墓穴を掘るパターンだ。

 昭和の俳優は不倫ぐらいではビクともしなかった。三船敏郎・松方弘樹クラスのスターになると「それがどうした」と言わんばかり。三船に直撃取材など腰が引けたものだった。不倫の核となる取材は本来、本妻にある。三船は女優だった喜多川美佳と不倫関係になり同居生活を送るまでになっていた。

 娘(タレントの三船美佳)も生まれ、三船は本気で結婚を考え、本妻に離婚を求めていた。本妻はかたくなにこれを拒否。私はもっぱら目黒に住む本妻の取材をしていた。定点観測的に家を訪ねては離婚の推移などを探った。

「また来たのかい。何もないよ」と最初は門前払いだったのが、通い続ければ次第に心も和む。玄関の横から入り庭に案内され、縁側で世間話をするまでになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る