ローラが“奴隷契約”騒動乗り越え独立…勝ち組になれたワケ

公開日: 更新日:

 芸能界で相次ぐ事務所独立の“勝ち組”といえば、6月末で事務所を退所したローラ(30)もその一人だ。2017年8月には“奴隷契約”騒動が報じられ、今年1月までは、一触即発というウワサもあったが、2年を経てついに退所。CM契約など事務所在籍時の仕事はすべて引き継ぎ、ローラの希望が通った形となった。

 “奴隷契約”から形勢逆転できたウラには「SNS」という“武器”が大きい。12年2月にスタートしたツイッターは、フォロワー429万人。インスタは、ローラ個人の616.7万人に加え、ブランドサイトが36.4万人。今年1月に始めたYouTubeの登録者数も63.9万人と影響力は絶大。14年にロサンゼルスに移住してからは、日本の事務所の必要性がますます薄まったという。

 そんなローラの勝因は“ソロ活”。日本では黎明期だったツイッターやインスタをいち早く取り入れて個人で発信。広告収入になるともわからない段階から着々とフォロワーを積み上げてきた。元NEWS手越祐也(32)が不自由に感じていた“大手事務所のスピード感”に比べ、個人でフットワークよく新しいツールにチャレンジできる自由さが奏功したとも言える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る