高知東生が執行猶予明け 芸能界復帰に意欲も問われる覚悟

公開日: 更新日:

 伊勢谷友介被告が保釈となった一方で、2016年6月に覚醒剤取締法違反罪などで懲役2年(執行猶予4年)の有罪判決を受けていた俳優の高知東生(55)が、執行猶予期間が9月30日に満了したことを報告した。

 高知はマスコミ各社にファクスで文書を送信。「本日、2020年9月30日 無事4年間の執行猶予期間の満了を迎えることができました。支えて下さった全ての方々に御礼申し上げます。また、僕の事件のためにご迷惑をおかけした方々に心よりお詫び申し上げます」と報告した。

 さらに高知は、同日、配信開始となった公益財団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」による依存症啓発YouTubeドラマ「みーんな、知らない依存症(全3話)」に出演。同文書では「僕の学びや経験を、今度は同じ依存症問題で苦しむ、当事者や家族のために捧げたいと思います。今日からまた、一日一日生き直す日々を送って参ります」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

もっと見る