“大麻逮捕”伊勢谷友介と沢尻エリカの共通点 京都の店常連

公開日: 更新日:

 俳優・伊勢谷友介容疑者(44)の大麻取締法違反事件は「いつから」と「どこまで」が焦点になってきた。

 8日に現行犯逮捕された東京・目黒区碑文谷の自宅マンションからは乾燥大麻計20・3グラムのほか、吸引のためとみられるたばこの巻き紙約500枚が押収されており、警視庁は常習性があるとみて調べを進めている。

「末端価格で約12万円、使用量は40回分とされ、個人での使用のほかパーティーなどで使っていたようです。警視庁はよほど確度がないとガサ入れ(家宅捜索)しない。大麻は所持の現行犯でないと逮捕できないし、一度取り逃がすと警戒され、逮捕できなくなる恐れがあるからです。今回は伊勢谷容疑者の交友関係などから慎重に調べ、内偵は3年以上に及んでいたのではないかとみられています」(捜査事情通)

 そんな伊勢谷容疑者の名前がはじめてメディアに取り上げられたのは1999年のこと。人気絶頂だった広末涼子をバイクのタンデムシートに乗せてのデートが「フライデー」にキャッチされたのだ。

「それから2年後、広末は映画の製作発表会見で突然号泣したり、リハーサル中に共演者を放ったらかしにして携帯で長電話したりと非常識な奇行を繰り返した。新作CMの公開取材をドタキャンしたり、西麻布のクラブで朝まで遊んで、そのまま千葉へタクシーで行き、無賃乗車したとも報じられた。このとき別の俳優との熱愛が取り沙汰され、伊勢谷容疑者とは別れていたようですが、こうした一連の奇行の裏に伊勢谷容疑者の影響があったとすれば、どうでしょうか」と、テレビ制作会社スタッフは言う。

 いまとなっては真相は不明だが、伊勢谷容疑者と薬物の関わりがこの頃からだとすると20年以上もの長きにわたる。その伊勢谷容疑者も奇行が業界では知られた話だった。

「楽屋にやたらテンション高く入ってきて、裏方の女性にハグしたり頭を叩き続けたり。冗舌に話しながら心ここにあらずといった感じで、とにかく自意識過剰の自己陶酔型。あまりにもそれが目立つので、クスリでもやっているんじゃないかと陰で噂になっていました」と前出のテレビマンは続けた。

■DV疑惑も浮上

 そんな伊勢谷容疑者はモテ男として知られ、長澤まさみらと浮名を流してきた。最近では森英恵の孫でモデルの森星と同棲し結婚するのではないかと注目されていた。しかし、こうした華やかな女関係にも、薬物疑惑がつきまとう。文春オンラインは伊勢谷容疑者が約10年前、交際していた都内在住のモデルA子さんに対して殴る蹴るのDVを繰り返し、さらにA子さんの知人の話としてこんな証言を報じている。

「伊勢谷容疑者のネットワークには、大麻常習者のヘアメークアーティストやスタイリストがいて、彼らの多くはそうしたドラッグに抵抗がなかった。伊勢谷容疑者は彼女に対し、一緒に大麻を吸引するよう洗脳していったのです」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  5. 5

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  1. 6

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  2. 7

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  3. 8

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  4. 9

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  5. 10

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白