二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

美川憲一が前代未聞の裁判「貸した金」か「もらった金」か

公開日: 更新日:

 2000年、美川憲一と京都の不動産会社経営者O氏との間で起きた金銭を巡る裁判。第一報はフジテレビの朝の情報番組だった。O氏が独占インタビューで登場。京都地裁に「美川に対して1億6000万円の返還」を求め提訴したことと、経緯を明かした。

 かつては信頼関係にあったはずの美川と元後援会会長。2人の間でなにがあったのか? そしてなによりも驚いたのが個人に貸した金額だった。告発された美川は「お金を借りたことも、受け取ったこともない」と真っ向から反論。

 裁判など対立軸にある話は世間の最大の関心事。他のメディアも臨戦態勢に入った。京都郊外のO氏邸には大勢の報道陣が押し寄せた。「裁判ではっきりさせる」と堂々と対応したが、「Oさんもちょっと怪しい」というような空気もメディアの中には流れていた。

 その背景にあったのがO氏の風貌と言葉。パンチパーマに少し乱暴な京都弁でまくし立てるようなしゃべり方だった。事件絡みの一般人の取材では、どうしても見た目も判断材料のひとつにしてしまいがち。「人は見た目が一番」か「人は見た目によらぬ」なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る