伝説ジャズ喫茶「ベイシー」に迫った映画 観客には若者も

公開日: 更新日:

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、現在公開中の全世界の映画の中でも断トツの興収を記録し、国境を越えたニュースになっている日本映画界。その狂騒の陰で、一本の映画が大人たちを魅了している。

 その作品「ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)」は、50年も続く伝説の名店「ベイシー」と、そのマスター菅原正二氏に迫るドキュメンタリーだ。岩手県一関市にありながら、都内をはじめ全国から客が集う「ベイシー」同様、口コミで広がり中高年を中心に粘り強い興行を続けている。その強みについて、映画批評家の前田有一氏が語る。

「公開から1カ月ほど経ちますが、関連イベントは満員の盛況で、最近では女性客や若者の観客も目立つといいます。ジャズ喫茶を“新しい”ととらえる若者に対しても、その頂点に立つ“ベイシー”の恐ろしいほどの音へのこだわりと、そうそうたる歴史を描いた本作は響くものがあるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る