児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

男女間の論争を招いた「82年生まれ、キム・ジヨン」の衝撃

公開日: 更新日:

 昨年、韓国で一本の映画が論争を巻き起こした。その映画とは「82年生まれ、キム・ジヨン」。原作となった小説には韓国の女性たちが日常的に受ける差別や生きづらさが描かれ、“フェミニズム小説”とも称されている。

 韓国にフェミニズムの波が押し寄せたのはここ5年のこと。大きなきっかけは「江南通り魔殺人事件」といわれる。駅近くのトイレで20代の女性が見知らぬ男に刺殺されたのだ。「日頃から女性を憎んでいた」という犯人の供述に、多くの女性はミソジニー(女性嫌悪)が殺人の動機ではないかと感じた。

 小説「82年生まれ、キム・ジヨン」は事件から数カ月後に発売される。これが130万部の大ベストセラーとなり、2018年に発売された日本でも16万部を突破した。ただし韓国では、男性たちの批判が根強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る