一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

「ストレス」嫌いな言葉。使わないようにしている。

公開日: 更新日:

「どうすれば脚本家や小説家になれますか?」

 作家志望の青年の相談に乗る羽目になったのだが――。

 ☆  ☆  ☆ 

 今日も青年から恒例のメールが届く。

〈質問① 小説などを書いていてストレスが溜まると思うのですが、おすすめの発散方法があれば教えてください! ※お忙しいと思いますので、質問のお答えは短くて結構です〉

 もはや1日1回来る(しかも質問されながら答えは簡潔でいいとなぜか命令される)君のメールがストレスだ、とは大人なので言わない。が、「ストレス」と言われてもわたしにはストレスがない。いや、あるにはあるのだろうが、「ストレス」という言葉は使わないようにしている。嫌いな言葉なのだ。言葉っていうのは恐ろしいもので、使えば使うほど妙な意味を持ち体に侵食してくる。まさにこの青年のように、「発散せねば」と強迫観念のようになる。これが嫌。外道なことをなりわいにしているわたしは、まず仕事があるというのはありがたいわけで、それにプレッシャー=圧がないと何も燃えないタチなので、えたいの知れぬ何かを肩こりと腰痛にのせて、最後、書いている小説に「了」と打ちたいのである。了、と打った瞬間だけが至福であって、もしかしたらそこで発散しているのかもしれないし、逆にそこでしか抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る