城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

公開日: 更新日:

 昨年10月に税務問題が発覚し、活動自粛していたチュートリアル徳井義実(45)が、今月半ばに放送されたレギュラー番組に復帰した。

 すでに今年2月に活動は再開していたが、3月のラジオ復帰ならまだしも、地上波のテレビ番組のハードルは高いと感じたものだ。実際、1年間もかかってしまった。

 ところが、復帰させた局の幹部のコメントを聞いていると、「厳しいなあ」と考えさせられることになった。「視聴者の反応は想像通り、賛否が分かれている」とした上で、その局の残りのレギュラー番組2本については「それぞれどのタイミングがいいのか、議論を重ねて検討したい。まだ結論は出ていない」という言い方をした。

 視聴者の意見が分かれるのは当然。肯定派は、追徴課税も支払って反省もしたし、今は税理士に管理してもらっているのだから「戻してもいいだろう」と考える。否定派は、国民は義務である納税を苦しい中でも果たしており、「許せない」という声になる。徳井がいつどのタイミングで復帰しても両者のこの反応に変化はないだろう。

 4年前に不倫問題で数多くのレギュラーを外された女性タレントは、いまだに地上波レギュラーに復帰できていない。他の出演者でやっても視聴率に変化はなく、要はいなくても問題はないとされてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る