ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

公開日: 更新日:

 ビートたけし(72)の協議離婚成立は、財産分与で元妻幹子さん(68)の意向をほぼ全面的に受け入れてのものだったようだ。とはいえ、それぞれが弁護士を立てての話し合いは昨年からあり、年内決着するのではとの報道もあった。協議成立は5月というから、そうすんなりと決着したわけでもない。一体なにがあったのか――。

 2人はツービート時代の1978年に知り合った。すぐに同棲し、1981年に長男、82年に長女が生まれ、83年に入籍。幹子さんは漫才師だったが引退し、駆け出しのたけしを近所のスナックでアルバイトして家計を助けた。たけしに不倫や隠し子騒動が浮上したり、86年のフライデー襲撃事件のときも陰で支え、94年のバイク転倒事故でたけしが重傷を負った時は集中治療室の隣の部屋に泊まり込んだ。

「毎週金曜日は夫婦で食事を共にし、1月18日のたけしの誕生日にはたけし軍団を招いてパーティーを開くのが恒例で、幹子さんは手料理でもてなしていた。たけしさんは別居を得意のネタにしてきましたけど、決して幹子さんをないがしろにしてきたわけじゃない」とスポーツ紙芸能デスクは振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る