ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

公開日: 更新日:

 ビートたけし(72)の協議離婚成立は、財産分与で元妻幹子さん(68)の意向をほぼ全面的に受け入れてのものだったようだ。とはいえ、それぞれが弁護士を立てての話し合いは昨年からあり、年内決着するのではとの報道もあった。協議成立は5月というから、そうすんなりと決着したわけでもない。一体なにがあったのか――。

 2人はツービート時代の1978年に知り合った。すぐに同棲し、1981年に長男、82年に長女が生まれ、83年に入籍。幹子さんは漫才師だったが引退し、駆け出しのたけしを近所のスナックでアルバイトして家計を助けた。たけしに不倫や隠し子騒動が浮上したり、86年のフライデー襲撃事件のときも陰で支え、94年のバイク転倒事故でたけしが重傷を負った時は集中治療室の隣の部屋に泊まり込んだ。

「毎週金曜日は夫婦で食事を共にし、1月18日のたけしの誕生日にはたけし軍団を招いてパーティーを開くのが恒例で、幹子さんは手料理でもてなしていた。たけしさんは別居を得意のネタにしてきましたけど、決して幹子さんをないがしろにしてきたわけじゃない」とスポーツ紙芸能デスクは振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る