興行収入200億を突破した鬼滅とアカデミー賞作品の共通点

公開日: 更新日:

 社会現象が止まらない。人気アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の累計興行収入が8日までに約204億8300万円に達したと、配給する東宝とアニプレックスが9日、発表した。

 公開から24日間での200億円突破は、日本で上映された映画の中で最速という。

「私はもう2回も見に行きました。来週も涙活に行きます!」「最後は涙、涙で…」「杏寿郎、サイコー!」――。ネット上の感想を読んでいると、「鬼滅―」の映画が多くの人を惹きつけている理由は、家族思いの主人公の少年剣士、竈門炭治郎の人気だけではない。「炎柱」と言われる金髪の煉獄杏寿郎のラストの姿が多くの観衆の共感を得ているようだ。

 ネタバレになるので、詳しくは原作や映画を見て欲しいのだが、このシーンを見た日刊ゲンダイの中年記者は「これは!」と思ったことがある。過去のアカデミー賞受賞映画の結末とそっくりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る