LiSAの知られざる素顔…上京時のあだ名は「せんとくん」

公開日: 更新日:

 興行収入が歴代最速で100億円を突破した映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。主題歌「炎(ほむら)」を歌うLiSA(33)はアニソン界を飛び越え、国民的な歌手としてブレークしつつある。

 LiSAがロック歌手を目指し、岐阜県関市から上京したのは12年前のこと。当時を知る音楽関係者に話を聞いてみた。

「彼女は友人たちから『リサ』とか『りっちゃん』と呼ばれていました。中には『せんとくん』と呼ぶ友人もいました。顔の雰囲気がどことなく、当時流行しつつあった奈良県のマスコットキャラクター『せんとくん』に似ていたからです(笑い)。LiSAはバイトをいくつも掛け持ちし、その合間にバンド活動をする目まぐるしい日々を過ごしていました。バイトの中では通販サイトのカタログモデルが気に入っているようでした」

 バンドは吉祥寺や高田馬場の老舗ライブハウスを中心に活動し、インディーズ界で実力派として知られていた。ただ、生活は苦しく、LiSAは岐阜で農業を営む祖父の野菜の仕送りを心待ちにしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る