高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

“アマ出身”吉岡里帆は多彩な特技持つストイックな叩き上げ

公開日: 更新日:

 吉岡里帆がヒロインを演じる11月20日公開の映画「泣く子はいねぇが」は、新鋭・佐藤快磨監督の長編デビュー作。

 監督の故郷・秋田が舞台で、地元の伝統文化「ナマハゲ」を通じて父親としての責任と人としての道徳を見いだす主人公を仲野太賀が演じ、その妻役で吉岡が出演している。

 1993年1月15日生まれ、京都府出身。学生時代は地元で小劇場の演劇や自主映画にアマチュアの女優として出演していたが、大学在学中に本格的な女優を目指し、現所属事務所の系列の俳優養成所に入所。

「京都から夜行バスで東京に来て、宿泊費を浮かせるためにマンガ喫茶に泊まったりしながら、養成所に3年間通っていた」(「月刊Audition」2016年10月号)という。

 その後、2016年にNHK朝ドラ「あさが来た」に出演して脚光を浴びる。2018年には「きみが心に棲みついた」(TBS系)で連ドラ初主演を果たした。10代にデビューする女優が多い中にあって、彼女は20代になってから躍進を見せた、叩き上げの女優だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る