高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

広瀬アリスはパワフルでよく笑うエネルギッシュな個性派

公開日: 更新日:

 12月4日に公開される「サイレント・トーキョー」はドラマ「アンフェア」(フジテレビ系)の原作者・秦建日子と、「SP」(同)の波多野貴文監督がタッグを組んだ映画

 クリスマスの夜に東京を襲った連続爆破テロを描き、広瀬アリスは興味本位で犯行予告現場に行ってしまう会社員・高梨真奈美役を演じている。

 1994年12月11日生まれ、静岡県出身。小学校6年生の時にスカウトされ、2009年から15年まで雑誌「Seventeen」専属モデルとして活躍。「銀の匙 Silver Spoon」「L―エル―」「氷菓」「巫女っちゃけん。」の映画などに出演して演技力が高く評価された。現在オンエア中の「七人の秘書」(テレビ朝日系)にも出演中だ。

 広瀬アリスに初めてインタビューしたのは10年前。「明日の光をつかめ」(東海テレビ・フジ系)の主演に東海テレビ制作昼ドラ枠最年少の15歳で抜擢されたころだ。彼女は「明るい女の子の役だと聞いて、元気なコなら任せてください、って言いました。元気さのレベルは、いまどきな15歳の女の子だね、って言われます。おとなしくなる瞬間は……ないですね(笑)」(雑誌「月刊Audition」2010年8月号)と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る