井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

アメリカのひび割れを修繕できる真のヒーローはいるのか

公開日: 更新日:

 アメリカの新型コロナ感染は凄まじいことになっている。死者もまだまだ増えている。往生際の悪いあの金髪のバカ者なんか放っといて、マスク義務対策ぐらい各州ですぐやったらどうなんだろう。敵だ味方だといがみ合いばかりして、ほんとに憂鬱な国になった。当分、観光客は行かないし、行く気もしない。

 我らはアメリカのテレビ映画第1世代だ。1950年代後半から輸入されだした30分の実写シリーズの「スーパーマン」や字幕スーパー付きの「ハイウェイ・パトロール」に始まり「名犬ラッシー」や「パパは何でも知っている」、西部劇「ローン・レンジャー」、ロスの探偵モノ「サンセット77」、子供無声映画「ちびっこギャング」まで映るものなら何でもかんでも片っ端から、ちゃぶ台に並んだ夕飯に箸をつけるのも忘れ、貪るように見た“アメリカ文化真っ先享受少年”だった。マネをして作り始めた日本国産ドラマの「月光仮面」や「少年ジェット」などは7、8歳の少年でも分かるほど、ドラマの質は差があり過ぎて見劣りするモノばかり。我ら世代はテレビでアメリカを知り、世界を知り、テレビこそ“世界の窓”だった。50年代後半から60年代前半にかけて、つまり、ケネディ大統領が暗殺されるまでの頃は、黒人差別の激しい白人中心社会だったことは全く分からなかったが、でも、白馬で駆けるローン・レンジャーと、相方の先住民インディアンの“トント”は友情に結ばれながら悪漢を退治したし、アメリカは、人と家族の「理想」と「夢」と「憧れの虚構」を世界に向けて発信できた時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る