井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

我が新作「無頼」は公開延期で正月作品に…乞う、ご期待

公開日: 更新日:

 5月半ばに公開予定だった我が新作「無頼」も、コロナのせいで先延ばしされていたが、年末12月12日から東京地区を皮切りに順次全国封切りされることに。痩せても枯れても“正月作品”だ。乞う、ご期待だ。

 もう封切りなんて言わないか……前作「黄金を抱いて翔べ」が封切られた8年前までは映画はフィルムで撮られ、プリントで上映されていたので、現像所から劇場に運ばれた35ミリプリントが入ったフィルム缶の“封を切って”映写機にかけたところから、そう呼ばれた。今は本編のデジタルデータが入ったハードディスクを操作するか、配給部がデータを電波で飛ばせば、上映も事足りる。映画の仕事に就きたい“映画青年”がバイトで重いフィルム缶を何缶も自転車の荷台に積んで劇場に運んだ昭和の風景が懐かしい。銀幕にはデジタルじゃ再現できない、その場面の空気感がしっかり映ったし、映画に味がある時代だった。スクリーンじゃなく「銀幕」だった。銀色の幕にこそ、光は全反射するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る