井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

バイデンさん、ほんまに頼んまっせ 壊れたものを取り戻せ

公開日: 更新日:

 ひとまず、バイデン氏が勝ってやれやれだな。我らもホッとしたし、世界中もホッとしたんじゃないか。アメリカこそ国際協調路線に戻さないとダメだし、地球温暖化対策も戻さないとダメだし、トランプが壊してしまった何もかもを取り戻さないと前にはいけないが、何より国内のグタグタな「分断状態」が問題だ。バイデンさん、ほんまに頼んまっせだ。政治の“分極”、人種と宗教と文化の“分断”、ひいてはアメリカ中の“家族分断”まで起きていたのは確かだ。

 4年前、トランプが当選した時、世界が終わってしまうような気になったリベラルな国民も多かったようだが、今度は逆で、トランプを支持した半分の保守層がどこまで落ち込んでヤケクソになってるのか、どうなだめたらいいのか「団結」を目指すには相当の意識改革が必要だろ。「宥和」なんて単語も知らない建国以来の白人至上主義のやつらの頭はカチカチなのだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る