井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

日本人の命は軽い…トランプよ、お願いだから去ってくれ

公開日: 更新日:

 どんくさい国だ。この国の核についての優柔不断さは恥ずかしい限りだ。核兵器禁止条約の批准国が発効に必要な数に達したというのに、日本はまだ賛同しない。あれだけ多くの犠牲を出し、あれだけ広島と長崎で黙とうを捧げ「二度と過ちは繰り返しません」と石に刻みながら猛省してきたのに、だ。条約批准から逃げた菅首相もしれっとして何も言わない。

 何が「核兵器のない世界を」だ。今までどの口で言ってきたんだ。世界中に屁をかまし続けてるようなものだ。「私らは戦争の過ちは犯しませんが、代わりにアメリカに基地とお守り代をお供えして核ミサイルでこの島を守ってもらってますので、核禁止しますと言うとアメリカに、じゃ日米同盟どうすんだ? おまえら自衛するのか? 逆らう気かと詰められたら仕方ないですし」という屁理屈で居直ってきただけだ。

 今年もだったが、じゃ、前首相も広島と長崎に何をお祈りに行ったのか? 脳の半分で「核のない世界」と祈りながら、あとの半分で「でも核でしっかり守ってもらってます」か。そんな二重人格の詭弁を、小学生にどう説明したらいいのかな。道徳の授業でも教えようがないその「不条理」に国は絡まってしまっている。何でもアメリカさんだ。被爆国で批准しないのはおかしいだろ。「核は抑止、戦争を防ぐ」と誰かも念仏のように言っていたが、ドタマのおかしい独裁者かテロ集団がその爆弾を持ったら、抑止どころか何をするか分からないだろうが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る