井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

追悼ショーン・コネリーさん ボンドは雲の上の存在だった

公開日: 更新日:

「007」で初代ジェームズ・ボンド役を演じたショーン・コネリーさんを、ここで追悼したい。
 東海道新幹線が開通した翌年の1965年春「ゴールドフィンガー」で、あの猿顔のボンドを初めて見た。中学1年の時だ。潜水服を脱ぐと中に白いタキシードを着ていたので“ほぉ、ちっとも濡れてへんやん、でもカッコええな”と感心したのを覚えている。それから、ボンドと仲良くなった女が全身に金紛を塗りたくられて死んでる場面で、友達は「皮膚呼吸できなくなったんや」と感動していたが、こっちはチンチンが勃起していたのも覚えている。追悼になってないか。まあいいか。アメリカの北爆に反対して「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)が結成された頃だが、そんなことは知るはずもなく、平和しか見えない時代だ。ボンドは雲の上の伊達男でかけ離れた存在だった。

「ゴールドフィンガー」のオープニングで初めて、あのJ・ボンドのテーマ曲が奏でられたとか。国際犯罪組織がアメリカの空軍基地に保管された大量の金塊に核物質をまき散らす爆弾を仕掛け、放射能で汚染させ、しばらく金塊を持ち出せないようにして、その間に金価格を高騰させて中国と一緒に儲けようというトンデモ話なのだが、それもよく分からず、「プッシー」という名のグラマーなボンドガールばかりが気になって、手の早いボンドがキス攻撃して迫るのが憎たらしかった。プッシーはほんとにお色気ムンムンで、銀幕にクギ付けの少年の股ぐらを2時間も困らせ続けたのだから忘れようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る