ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2人…

公開日: 更新日:

 なんとも痛ましい事件である。

 ホームレスの老人女性が、渋谷区のバス停で殴り殺された。犯人は付近に住む46歳の男性。「殺すつもりはなかった」と自首してきた。あっという間に殺人事件は解決した。

 ともすればそのまま記憶の底に沈んでしまうような、小さな事件。しかし詳細を知れば、これほど今の日本を象徴する事件もない。

 被害者は64歳、3年前にはちゃんと就職していた。今年の2月までは、非正規ながらスーパーで働いていた。しかしそこもクビになった。おそらくはコロナのせいであろう。

 今の時代、ネットカフェも追われれば、路上生活者になるのはあっという間、スピードは速い。私と同い年であれば、青春時代にバブルも経験したであろう。華やいだ時期もあったかもしれない。しかし、亡くなった時の所持金はたった8円であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る