ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

“好き”が高じて筒美京平トリビュートミュージカルを作った

公開日: 更新日:

 作曲家の筒美京平さんが亡くなった。80歳。昭和歌謡という呼び名はこの人の作品のためにあったのではないか。それほどに、あらゆるジャンルの音楽を取り入れ、これも、これも、え、これも、と心に響く名曲、ヒット曲を世に送り出した。

 私はとくに筒美サウンドが大好きで、自分がいいなあ、グッとくるなあと思った曲は必ずと言っていいほど筒美さんの作品であった。

 今、手元に「HISTORY」というCD8枚組の筒美京平ベストアルバムがある。1967年から1997年までの30年間でヒットした曲が160曲あまり収録され、そのどれもが聴き覚えのある曲で、なおかつ、そのどれもが歌詞カードなしでそらで歌える。

 もちろんこれ以外にもヒット曲はあるのだから、ほぼ年に6曲、一見少ないようだがコンスタントに2カ月に1曲ヒットを出し続けるというのは誰にでもできるものではない。それもシンガー・ソングライターではない。あらゆる歌手に歌わせてヒットさせるのは至難の業だ。まさに天才である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る