5代目春風亭柳朝に入門 二つ目になるまで70超の噺を覚えた

公開日: 更新日:

 春風亭一朝は1950年12月10日、足立区千住の大川町で生まれ育った。本名、浮ケ谷克美。高校3年の年に落語家を志し、8代目林家正蔵(後の彦六)の門を叩く。

「当時の師匠んとこには前座が2人いて、3人面倒を見るのは無理だと。それで、『あたしの総領弟子に柳朝というのがおります。そこでよかったら』と言われて、柳朝の家を訪ねたわけです」

 5代目春風亭柳朝、立川談志、古今亭志ん朝、三遊亭円楽(先代)が「落語界の四天王」といわれた。

「彦六師匠から、『そろそろ弟子を取らなくちゃいけない』と言われて、渋々取ったみたいでした。ところが、子供がいない夫婦なので、おかみさんが大変喜んで、あたしを可愛がってくれました。家に行くたびご飯を食べさせてくれる。それも、『お寿司にするかい。それとも天丼がいいかい?』って店屋物を取ってくれる。柳朝が、『こいつは客じゃねえんだぞ』って(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る