野良犬とガチンコ格闘で勝利!フィリピンおばちゃんは強い

公開日: 更新日:

 皆さま、読んでいただきありがとうございます。真栄田です。ふと思ったんですが、最近、野良犬を見なくなりましたよね。昔は、そこら辺にいましたよね。役所の方が、頑張ってくれたおかげなのでしょうか?

 小学生の時とかは帰り道に「銀牙 流れ星銀」に出てきそうな大きい野良犬がいました。そのクラスに出くわすと、恐ろしくて目を合わさないように歩くのですが、そうすると足元の視界がお留守になり、ちょうど道路側の溝の蓋がないところに落ちていました。昔は帰り道がファミコンのスーパーマリオの1面くらいの難易度でした。

 以前、フィリピンにロケに行った時は野良犬のレベルの違いに焦りました。もう見た目から恐ろしく、野良犬の目の色が銀色でした。そしてご存じの方もいるかも知れませんが(いるのか?)、そいつらは足が異常に速く、体はシャープで、色はプレデターの後半のシュワちゃんぐらい泥色でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る