春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

公開日: 更新日:

「向かいの個室に最近テレビに出始めた若手の男性芸人とハリセンボンの春菜さんが入っていくのが見えて。後ろについてきた女性がもう1人いて、マネジャーかと思ったら友近さんでした」(居合わせた客)

 今年に入って、港区の飲食店でこんな目撃情報が入ってきた。春菜といえば、4日、約5年つとめた「スッキリ」(日本テレビ系)のサブMC卒業を発表したばかり。理由は舞台での活動に専念したいということだが「吉本興業に反旗を翻した芸人切りではないかという説が浮上。ヤミ営業問題を発端とする“加藤の乱”で加藤浩次に追随したため春菜が切られたともっぱらです」(テレビ関係者)。

 春菜は昨年、マネジメント契約から、加藤浩次(51)と同じ、エージェント契約になっていたことも明らかに。その時一緒に契約変更したのが友近(47)なのだという。友近も加藤の乱では情報番組に出演し、給与制度など芸人側の現状をワイドショーで明かし、吉本を批判。テレビで見る機会が減っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る