「運賃無料」タクシー運転手さんとの“必然”な出会いで実感

公開日: 更新日:

 内間です。年も明けましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 「緊急事態宣言」が再発令され、思うような生活が送れてないかもしれません。僕もそうです。ストレスがたまっています。

 そういう時は、とことん自分が自分に優しく接してあげて癒やした方が楽になると聞きますが、それがなかなか難しい。しかし、そういった時に自分が欲しい言葉を他人に言ってもらえて救われる時があります。そしてそれは自分の気持ちが働きかけて引き寄せたのかもしれません。

 先日、タクシーに乗り、目的地の「品川駅」を告げ、しばらく走っていると僕と同じ40代くらいの運転手さんが「お客さん、ラッキーですね。運賃はけっこうです」。

 え!? どういうこと、無料ってこと? それは絶対に聞き間違いだよな。もしそうでないとしたら何かサイコ的な事件の予感が。混乱の中、話を聞いてみると、実は運転手さんの本業はファイナンシャルプランナーなのですが、以前やっていたタクシー運転手の仕事が好き過ぎて忘れられないため、こうしてたまに無料で走っているそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る