長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

公開日: 更新日:

「あえて老親の介護問題、息子の学習障害といった難しい要素を入れ込むあたり、常に自分に高いハードルを課すクドカン(脚本家の宮藤官九郎氏)らしいストイックさを感じますね」(在京キー局関係者)

 3月末にジャニーズ事務所を退所する長瀬智也(42)の“最後の連ドラ”ということで話題を集めている「俺の家の話」(TBS=金曜夜10時)のことだ。

「TBSの『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)、『タイガー&ドラゴン』(05年)、『うぬぼれ刑事』(10年)以来、11年ぶり4度目の“クドカン×長瀬”のタッグということでも、視聴者の期待値はダントツでした」(テレビ誌ライター)

「俺の家の話」は、能の宗家を舞台にした「濃すぎる家族が織り成す王道のホームドラマ」(公式HPより)で、長瀬は西田敏行(73)演じる“人間国宝”の父を介護することになる元プロレスラー役だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る