ポスト長瀬智也は現れず…「俺の家の話」で見納めは残念

公開日: 更新日:

 視聴者の注目度はかなり高い。1月21日にスタートしたTOKIO長瀬智也(42)主演のTBS系連ドラ「俺の家の話」。

 理由のひとつには、主演・長瀬×脚本・宮藤官九郎のタッグがこれまで数々の名作を生んできたこともある。もうひとつは、長瀬が3月末でジャニーズ事務所を退所すること。ファンも〈これが最後の演技になるの?〉と固唾(かたず)をのんで見守っているようだ。

 長瀬の退所後については、ジャニーズ事務所が昨年7月に「他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を作り上げていくことになりました」とコメント。その言葉通りなら、退所後は表立った芸能活動を行わないことになる。

「長瀬×宮藤のコンビ作品は、長く愛され続けているものが多い。たとえば2000年放送の『池袋ウエストゲートパーク』と2005年の『タイガー&ドラゴン』は、いずれもいまだに語り継がれている伝説のドラマです。『タイガー&ドラゴン』は2020年末の深夜に一挙再放送されましたが、その時もタイトルが話題ワードにランクイン。改めて見返して、その面白さにうなった人が多かったようですね」(ドラマ制作会社スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

もっと見る