錦戸と中居に続き長瀬智也も?退所連鎖ジャニーズの行く末

公開日: 更新日:

 一体、何が起きているのか。ジャニーズ事務所のアイドルグループ「TOKIO」の長瀬智也(41)が2021年春以降に同事務所を退所する意向を示していることが分かったと「文春オンライン」が26日、報じた。

 TOKIOはすでに、2018年に不祥事を起こした山口達也(48)が脱退、契約解除となって退所しているとはいえ、19年9月には関ジャニ∞錦戸亮(35)が、今年2月21日には元SMAP中居正広(47)がそれぞれ退所を発表。ジャニーズ黄金時代を築いてきたといってもいい“大物”の相次ぐ退所にファンも驚いていると思いきや、心境は複雑なようだ。

「ジャニーズファンの間では、相次ぐ退所に対して『だよね~』みたいな反応ですね。絶対的なカリスマ性を持っていた故ジャニー喜多川さんに対し、新体制下で事務所の“顔”となった滝沢秀明副社長はそうではないからです。しかも一部のファンからは、『タッキー(滝沢副社長)は特定のグループをえこひいきしている』などの声も出ている。かつての家族的な雰囲気も薄れつつあるといい、事務所を長年支えてきた自負のある重鎮ほど『もう辞めていいかな』と思うのかもしれません」(芸能誌記者)

 芸能事務所に限らず、カリスマ社長を失って揺らいだ企業や組織は数多ある。ジャニーズ事務所も、まだまだ波乱要素を抱えているのかもしれない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路