欽ちゃんが勇退宣言か…仮装大賞「おしまい」発言の背景

公開日: 更新日:

「なんでそーなるの!」とばかり、さまざまな臆測が飛び交っているのが萩本欽一(79)の降板宣言だ。1979年からの長寿番組で、このほど98回目となる日本テレビ系「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」がオンエアされた際、「今回でね、私この番組終わり。おしまい」と、司会から降りるとの発言があって以降、日テレや萩本から何の説明もないままなのである。

「記念の第100回まであと2回に迫っているというのに、そうした節目とか予定調和の花道などいらないと、さらっと身を引こうとするなんて、さすがは大将」など、身の引き方が潔いとされ、番組の公式ツイッターには「せめてあと2回」と、続投を望む視聴者からの声が殺到しているそうだが、真相はどうだったのか。古参の芸能プロデューサーが言う。

「今回の発言で思い出されるのが、1985年の降板劇。『視聴率100%男』の異名がつくほど、売れている最中、充電を理由に全レギュラー番組から降りてしまった騒動です。つくり込んだお笑いより、アドリブがもてはやされるようになり、視聴率にも陰りが見え始めていた。そこで、このまま番組を終わらせてしまうくらいなら自ら幕を引こうとの決断だったと後に明かしていましたが、今回もそういう背景があるようにみえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る