高橋英樹が引退説完全否定!生涯現役宣言を裏付ける強みとその源は?

公開日: 更新日:

 俳優の高橋英樹(77)とフリーアナウンサーの高橋真麻(39)親子が24日、都内で行われたドン・キホーテ「情熱価格」リニューアル発表会に登場した。

 高橋親子は新商品のミックスナッツを試食し、一般客代表としてダメ出しに挑戦。高橋英樹は「こういうのは産地にこだわるべきですし、中途半端なところだと一刀両断ですよ」と桃太郎侍張りに担当者をバッサリ。一般客の遠慮のない意見に「そこまで言わなくても」と担当者を心配すると、真麻が「エゴサーチすると、もっとひどいこと書かれたりします。世の中、辛辣な意見が多いから。でも、何も言われないより、意見してくれるほうがありがたい」とポジティブに返した。

■引退説を一蹴

 10日に喜寿を迎えた父に真麻は、昨年5月に誕生した孫の顔を描いたケーキをプレゼント。すると「可愛くて食べられない」とメロメロで、「孫の欲しいものは全部買いたい」とジジバカ全開。“役者の仕事がない”と吐露し、引退説も浮上していた英樹だが「まだまだ先輩方も頑張っていらっしゃるので引退なんてことは全く考えておりません。とにかく来た仕事を、どう消化していくか。そのために自分の肉体を鍛えて、いつでも出動できるように準備を重ねています」と生涯現役を宣言。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る