NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

公開日: 更新日:

 天国から地獄へ――。

 NHKが蜂の巣をつついたような騒ぎに見舞われている。大金を投入して制作した大河ドラマ「青天を衝け」が2回目(2月21日放送)にして視聴率16・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と前週第1回の20・0%から一気に3・1ポイントもダウンしてしまったのだ。

「NHK上層部が慌てるのも無理もありません。前作の『麒麟がくる』の初回視聴率は19・1%だったが2回目は17・9%で1・2ポイントしか落ちていないのです。通常の連ドラで一気に3ポイントも落ちるのは尋常ではないんです」(ドラマ関係者)

 NHK上層部の頭をよぎったのは明治以降をテーマにした近現代モノは当たらないというジンクスだ。「ワースト大河」第1位の記録を作った2019年放送の中村勘九郎阿部サダヲがダブル主演した「いだてん~東京オリムピック噺~」(平均視聴率8・2%)の記憶も生々しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

もっと見る