桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

公開日: 更新日:

 桐谷美玲(31)、黒木メイサ(32)、堀北真希(32)を発掘した芸能プロの女性社長の女性タレントに対する、セクハラ・パワハラ疑惑を発売中の「週刊文春」が報じて騒動になっている。

 問題の人物は、芸能事務所スウィートパワーの女性社長(53)。新人タレントに対して“キスしたい”“ハグしたい”と言いながら体を触るほか、自宅兼事務所の社長宅で同居し、ダブルベッドで一緒に寝る、就寝中は手をつなぐなどを強要。お風呂に入っていると勝手にのぞくなどのセクハラ行為があったという。

元KARAのジヨンも契約終了

 実は同じようなセクハラ行為は、9日に同社との提携が終了した、元KARAのメンバーで女優のジヨン(知英=27)との間でもあったという。知英は2014年に同社に移籍、自宅に住まわせ、日本で女優活動をスタート。日頃から人前で頭をなでるだけでなく、一緒にお風呂に入るなど“近すぎる”関係は業界内では知られていた。そんな生活に不満を抱いたジヨンが、19年に帰国すると、新たに“寵愛”し始めたのが先の新人タレントというわけである。

 この女性社長は芸能界では知らぬ者はいない名物社長で、瀬戸朝香(44)を発掘した人物としても有名。1996年にタレントもスタッフも女性ばかりの「スウィートパワー」を設立。新興ながら桐谷、黒木、堀北(現在は退社)など主演女優が多数在籍する芸能事務所に成長させた辣腕だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「社長の“目利き”と何年もかけて粘り強く交渉する“口説き落とし”で有名です。また、女性だけの鉄の結束力でタレント教育も徹底。ジャニーズ事務所から共演女優指名されるほど、スキャンダルゼロで信頼度が高かった。そんな鉄壁が崩れはじめたのは近年の男性タレント部門の設立ごろからでは。スタッフの男性タレントに対する“肩入れ”が問題になったり、退職が相次ぐなど内部が揺らぎ始めた。芸能界は事務所が“肩入れ”し過ぎるくらいでないと売れないのは確かですが“寵愛”とは紙一重。徹底した管理も“監視”になりかねない。女性社長ならずともコンプライアンスに抵触しやすい部分ではあります」

 スウィートパワーは日刊ゲンダイの取材に「担当者が不在」とのこと。ついに日本の芸能界にも#MeToo運動の波が押し寄せたようだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る