桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

公開日: 更新日:

 桐谷美玲(31)、黒木メイサ(32)、堀北真希(32)を発掘した芸能プロの女性社長の女性タレントに対する、セクハラ・パワハラ疑惑を発売中の「週刊文春」が報じて騒動になっている。

 問題の人物は、芸能事務所スウィートパワーの女性社長(53)。新人タレントに対して“キスしたい”“ハグしたい”と言いながら体を触るほか、自宅兼事務所の社長宅で同居し、ダブルベッドで一緒に寝る、就寝中は手をつなぐなどを強要。お風呂に入っていると勝手にのぞくなどのセクハラ行為があったという。

元KARAのジヨンも契約終了

 実は同じようなセクハラ行為は、9日に同社との提携が終了した、元KARAのメンバーで女優のジヨン(知英=27)との間でもあったという。知英は2014年に同社に移籍、自宅に住まわせ、日本で女優活動をスタート。日頃から人前で頭をなでるだけでなく、一緒にお風呂に入るなど“近すぎる”関係は業界内では知られていた。そんな生活に不満を抱いたジヨンが、19年に帰国すると、新たに“寵愛”し始めたのが先の新人タレントというわけである。

 この女性社長は芸能界では知らぬ者はいない名物社長で、瀬戸朝香(44)を発掘した人物としても有名。1996年にタレントもスタッフも女性ばかりの「スウィートパワー」を設立。新興ながら桐谷、黒木、堀北(現在は退社)など主演女優が多数在籍する芸能事務所に成長させた辣腕だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「社長の“目利き”と何年もかけて粘り強く交渉する“口説き落とし”で有名です。また、女性だけの鉄の結束力でタレント教育も徹底。ジャニーズ事務所から共演女優指名されるほど、スキャンダルゼロで信頼度が高かった。そんな鉄壁が崩れはじめたのは近年の男性タレント部門の設立ごろからでは。スタッフの男性タレントに対する“肩入れ”が問題になったり、退職が相次ぐなど内部が揺らぎ始めた。芸能界は事務所が“肩入れ”し過ぎるくらいでないと売れないのは確かですが“寵愛”とは紙一重。徹底した管理も“監視”になりかねない。女性社長ならずともコンプライアンスに抵触しやすい部分ではあります」

 スウィートパワーは日刊ゲンダイの取材に「担当者が不在」とのこと。ついに日本の芸能界にも#MeToo運動の波が押し寄せたようだ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」