米倉涼子ガッポリは今だけ? 独立1年の痛恨「戦略ミス」

公開日: 更新日:

 昨年3月、27年間在籍したオスカープロモーションから独立し、個人事務所を立ち上げた女優の米倉涼子(45)。

 ビデオリサーチが先ごろ発表した「2020年の年間タレント別テレビCM出稿量(秒数)ランキング」では堂々の首位。テレビをつければ、米倉の「楽天モバイル」のCMを見ない日はなく、さらに今年は、米倉が主演を務める映画「新聞記者」のNetflixオリジナルドラマも配信される。同作は、第43回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を獲得した話題作。さる制作関係者はこう話す。

「楽天や興和などCMの契約金は合計で約3億円、『新聞記者』の出演料は計6話で世界同時配信権込みで1億円とみられています。独立後は古巣のオスカー時代より稼いでいるといわれています」

 しかしながら、順調そのものに見える独立後の現状とは裏腹に、落とし穴があるというのは、米倉を昔から知る芸能プロ関係者だ。実は、業界関係者の多くが、今の米倉人気は長くは続かない可能性があると予測していると言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る