インタビューマン山下
著者のコラム一覧
インタビューマン山下ライター

1968年、香川県生まれ。92年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも17年に芸人を引退。現在はインタビュアー・ライター。

タモリは物真似のように「髪切った?」とは言ってなかった?

公開日: 更新日:

 タモリさんのモノマネでおなじみのコージー冨田さんにその真相を伺いました。タモリさんの有名なモノマネフレーズ「髪切った?」。これはコージーさんがタモリさんの癖を分析したことで、あのフレーズにたどり着いたといいます。

「タモリさんは目の前の変化をよく言うんですよ。『お~マスクしてるね』とか『メガネかけるんだ』とか」

 タモリさんはとにかく自分の目に入ったものを言う癖があるそうです。

「一番そう思ったのが、爆笑問題の田中さんが赤い服を着てたんですよ。そしたらタモリさんが『今日、赤か!』って言ったんです(笑い)。話題がいっぱいある時はいいんですけど、ちょっと詰まる時もあるじゃないですか。そういう時にタモリさんて『顔ちっちゃいね』とか、見たことをよく言うなと思ってたんです」

 コージーさんがそう感じている頃に「髪切った?」は思わぬ場面で誕生しました。

「『ものまねバトル』(日本テレビ系)のMCのヒロミさんは当時、髪の毛が長かったんです。それがある日、凄い切ってきたんですよ。その時にヒロミさんが僕に『タモさん、どうなのよ?』ってフッてくれたんです。でも、急だったんで僕が詰まっちゃって。その時に僕はタモリさんが目の前の変化を言うことを思い出したんですよ。それで『髪切った?』って言いました。多分それが最初なんです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に