二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

夕ぐれ族、一杯のかけそば…メディアに持ち上げられた後

公開日: 更新日:

 メディアは諸刃の剣とよく言われる。うまく利用すれば好結果を招くが、逆に小さな綻びだけでドン底まで突き落とされる。

 1982年、“愛人を持ちたい男性と、お金を得たい女性とを仲介し、愛人契約をさせる”という趣旨の会員制の愛人バンク「夕ぐれ族」が出現した。

 ショートヘアのTシャツ姿の女性が代表としてメディアに登場して宣伝すると、反響は大きく「違法でもないし、お金があったら好みの子を愛人にしたい」という男と「会ってエッチするだけでお小遣いがもらえるならお得」という割り切った女性でブームは始まった。

 愛人の概念を変える新しいシステムにメディアも女社長のインタビューを取り上げた。テレビなどに出る時のT女史は大きな「夕ぐれ族」のロゴの入った黒のTシャツを着て宣伝する抜け目のなさ。性を連想できないさわやかさと、事務所は銀座のビルの一室。怪しい節はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

もっと見る