二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

公開日: 更新日:

 田丸美寿々から始まった女性キャスター路線は小宮悦子、安藤優子と続いた。安藤には「ジャーナリスト」という別な肩書もあった。ニュース現場にも行き、帰国子女ならではの英語力で外国の要人のインタビューから被災地のリポートまでそつなくこなした。

 キャスターとしての腕もずばぬけていた。滑舌はいいし、ズバッと話すから聞き取りやすくわかりやすい。「いずれにしても……」「そういったなかで……」と決まったつなぎの言葉の多過ぎる菅首相も少しは見習ってほしいと思うほどだ。

 人も羨む才媛だった安藤だが、私生活は一転、「不倫」が代名詞になった。

 1988年、大手広告代理店勤務の部長(14歳年上)と不倫が発覚。

「広告代理店はメディアと付き合いが多い分、知り合いになりやすいが、情報も漏れやすい。相手が有名キャスターともなれば、なおさらのこと」と言われる世界。部長の評判も聞けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る