二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

公開日: 更新日:

 1980年代、女性フリーキャスターの草分け的な存在だった田丸美寿々は、自身のスキャンダルでも注目を集めた。

 家庭のあるジャーナリストのM氏と不倫成就で結婚。一時は夫と共に米国に渡り1年留学。スキルアップして帰国後も報道番組のキャスターに就任。公私とも順調だった。

 結婚3年目のある日、田丸が突然、家を飛び出し、後日、弁護士から夫に離婚届が郵送されてきた。

 M氏はメディアに携わる人間。取材に応じた。「彼女の一方的なもの」と事情を説明した。最後には「自分が偉いと、のぼせ上がるんじゃない」と非難した。夫婦関係が壊れた瞬間だった。直接、交流のない人でも同じメディアにいる人の取材はしにくいものと痛感したが、取材される立場になってもM氏は堂々と応じた。不思議な思いだった。

 前代未聞の離婚劇は田丸のダメージにつながり、仕事は徐々に減り、テレビの一線から姿を消した。

 テレビ朝日系「ニュースステーション」で久米宏とコンビを組んだ小宮悦子。番組人気に比例して人気も上昇。「えっちゃん」の愛称で茶の間に親しまれた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速