二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

錦之介の中村プロは砂糖に蟻が群がるように食い尽くされた

公開日: 更新日:

 男の軍団・石原(裕次郎)プロが58年の歴史に幕を閉じた。昭和を代表する俳優のプロダクションはこれで、三船(敏郎)プロ・勝(新太郎)プロ・中村(錦之助)プロと全て消滅した。

 昭和の灯が消えたような寂しさもあるが、メディアの人間として思い出に残っているのが事務所内の数々のトラブル(独立・金銭トラブルなど)。石原プロは神田正輝松田聖子との結婚・離婚で騒がれたくらいで、事務所内は平穏。男の絆で結ばれていた。

 三船プロは社長自身の愛人問題もあったが、幹部の独立を巡るトラブルで騒がれた。勝プロも俳優・勝の借金に麻薬事件でメディアを賑わせたが、意外と忘れているのが、多額の借金で倒産した中村プロだ。

 倒産後、たまたま行きつけの店が元社員がやっていたバーだったことから、「社内にお金を管理できる人もなく、どんぶり勘定でした。砂糖に蟻が群がり、食べ尽くしたら散っていった感じです」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る