二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

米兵目当てに六本木のクラブに通っていた“グルーピー”たち

公開日: 更新日:

 ルポもので強く印象に残っているのが“グルーピー”取材だった。

 すでに死語に近いが「グルーピー」をよく耳にしたのは1970年から80年代。レッド・ツェッペリンやキッスなど欧米で活躍したロックバンドを追いかける子たちを言った。単なるファンではなく「メンバーと親密関係を持つために接近するファン」だった。日本でも、ロックバンドが日本公演で来日するたびにグルーピーらしき子が増えていった。

 宿泊ホテルの周辺はファンであふれ警備員が付くこともあった。「メンバーの部屋にタレントの子が特別に呼ばれている」という噂も囁かれた。

 世間にも「グルーピー」という言葉が定着した頃、黒人好きというグルーピーの子たちと交流するようになった。黒人といっても彼女たちのターゲットは「アーミー」と呼ぶ米兵。どこで知り合うのか行動を共にしていた。当時、六本木には一般的なクラブの他にほぼ黒人専科のクラブも数軒あった。なかでも「N」や「M」はマニア向けで賑わっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

もっと見る